清助のちょっと一言−活動日誌

【17.05.18】加川 良が急逝していた

  教訓機〆郢/作曲 加川良

命はひとつ 人生は一回
だから命を棄てないようにネ
慌てるとつい フラフラと
御国のためなのと 言われるとネ
青くなってしりごみなさい
逃げなさい 隠れなさい

今日届いた、週刊金曜日をめくっていたら、「投書」に加川良が4月に亡くなっていたことを知りました。
70年代の初め、フォークソングの草分け的存在でしたね。
戦争で犬死させられないように「逃げなさい、隠れなさい」と歌う「教訓機廚和緝什遒如△茲LP回して聴いたもんだ。

加川良(かがわ・りょう)さんが4月5日午前9時39分、急性骨髄性白血病のため都内の病院で死去した。69歳。滋賀県出身。所属事務所によると、昨年12月9日の検査入院で急性白血病が判明。今月4日夜にに容体が急変し、家族に看取られて息を引き取った。
 加川さんは昨年12月14日、公式サイトで「12月9日 山梨県下の病院に検査入院、少々つかれ気味でした。本日6日目、今しばらくの入院生活となりそうです」と、恒例の直筆メッセージで報告していた。メッセージは「また お会いします」と結ばれていたが、約束は果たされることなく、これが最後のメッセージとなった。

 所属事務所の阪本正義社長によると、検査入院で急性白血病が判明。1月に入って都内の病院に移り、闘病生活を送っていた。
 今年は古希を迎えることもあって、いろいろなイベントが予定されており、ライブの予定も多く入っていたという。阪本氏は「本人も夢にも思っていなかったと思います」と、加川さんの無念を思いやった。
 加川さんはセミプロのグループサウンズのボーカルを経て、高石ともや、岡林信康や故高田渡さんが所属していた日本のインディーズレーベルの先駆け「URCレコード」の出版会社「アート音楽出版」に就職した。
 1970年、伝説の第2回中津川フォークジャンボリーに飛び入りして「教訓1」を歌いデビュー。小室等、友部正人、大塚まさじらと共に日本のフォークの先駆けとして活躍した。吉田拓郎が72年に発表したアルバム「元気です」には「加川良の手紙」という楽曲が収録されている。

 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)