清助のちょっと一言−活動日誌

【17.05.19】なぜ、「国会崩壊」「憲法崩壊」を伝えるメディアがないのか――。市民連合記者会見

以下、IWJニュースから転載・・・ 

なぜ、「国会崩壊」「憲法崩壊」を伝えるメディアがないのか――。

「国会崩壊」をなぜ伝えない!?「メディアは目を覚まして『王様は裸だ!』と訴えるべき」――
安倍総理による改憲発言と共謀罪法案に「市民連合」が抗議の記者会見!

出席者ー中野晃一氏、土井登美江氏、山口二郎氏、岡歩美氏、高田健氏

「安倍総理の9条3項は野党分裂が狙い」 2017.5.16

 2015年の安保法制に反対する運動をきっかけに誕生した市民連合が2017年5月16日、議員会館で記者会見を開き、安倍総理による改憲発言と共謀罪法案に抗議した。上智大学の中野晃一教授は「国会崩壊、憲法崩壊が起きていることは(国会を)見ていればわかる。それがちゃんと伝えられていない」と集まった報道陣に問いかけるように話し、「メディアも目を覚まして王様は裸だと訴えていくべきだ」と述べた。

 市民連合は安倍改憲メッセージに反対する声明と「共謀罪」法案の廃案をめざす声明の2本を出している。憲法改正については安倍総理が5月3日、読売新聞のインタビューと日本会議系のビデオメッセージの中で、2020年までに「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」とする3項を新たに加える意向を示したことについて、法政大学の山口二郎教授は「安倍総理の狙いは明らかに民進党の分裂を図るもの」と分析。「安倍的」改憲に反対を示す世論を盛り上げ、野党の結束を強化する必要性を呼びかけた。

写真は「新聞赤旗」  

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)