清助のちょっと一言−活動日誌

【17.08.13】ラスト ラン

ロンドンで開催されている陸上世界選手権。連日、人間の「走る」力と技の競い合いが展開されています。
日本選手の100メートル準決勝進出も盛り上がりました。
日本選手の成長活躍、層の厚さが目を見張ります。
100メートルではケンブリッジやサニブラウン、多田選手ばかりにスポットが当たっていましたが
どっこい。ほかにも日本選手はいた。
今日は、男子400メートルリレーの映像が流れました。
衝撃だったのはラストランとなったボルトが途中棄権となったこと。
終了後、ボルトはレースから約2時間半後の8時20分ごろ、自身のTwitterとFacebook、Instagramに投稿。「みんなありがとう。僕のファンに、限りない愛を」とコメントした。

毎年、夏この時期は、甲子園で高校球児たちの熱戦が展開されています。
明日は、三重県代表の津田学園が2回戦の試合、津田学園の球児たちにエールを送りたい。

どんなスポーツも、勇気と感動を私たちに見せてくれる、届けてくれる。
そんな今年の7、8月夏休み中です。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)