清助のちょっと一言−活動日誌

【17.10.04】中秋の名月は満月とは限らない?

  今年の中秋の名月は、今日10月4日なのだそうだ。そして「満月」ではないという。
世の中、政治の世界では「解散」「総選挙」「希望の党」「合流」「立憲民主党」のキーワードばかりの毎日で騒々しいが、秋の夜空を見上げて日本の風情を楽しむのもまたおつなもの。
日本人でよかった、と思える。

ネットにはこんな解説がありました。

2017年の中秋の名月は10月4日です。十五夜とも言われ、月見をするにはもっともよいと言われています。月見の習慣は古く、9世紀ごろに中国から伝来しました。以来、月を見て詩歌を詠んだり、祈りを捧げたり、月を愛でる風習が続いています。
当然、中秋の名月=満月と思いがちですが、満月であることはまれで、たいてい1日か2日ずれています。一体、なぜ満月ではないのか。そして今年は、9月ではなく10月なのか──。こうした疑問について考えてみました。
見上げれば、秋の空は気持ちよく広がっています。ぜひ今宵、月見を楽しんでみてはいかが。
.
今年は10月6日が満月に!中秋の名月は満月一歩手前だった!月の満ち欠けを基に暦をつくった旧暦が十五夜を満月とした

中秋の名月を十五夜と呼ぶのは、太陰太陽暦と関係があります。中秋の名月は太陰太陽暦(旧暦)の8月15日です。
旧暦では、月の満ち欠けを基に暦をつくりました。旧暦の1カ月は、月が地球の周りを1周する日数と同じです。つまり、新月が次第にふくらみ満月となり、やがて欠けてまた新月となっていく──。そのサイクルが約29.5日であることから、旧暦の1カ月は29日か30日と決められていました。

そして、その半分である15日の夜の月は、満月=十五夜と、呼ばれるようになったのです。
ただし前述したように、月のサイクルは30日ぴったりで地球を一周するわけでないことや、月の軌道が楕円であることなどにより、実際の満月は1日か2日ずれることが多いのです。今年の場合、実際の満月は10月6日。中秋の名月は満月一歩手前の月なのですね。とはいえ、名月には変わりない。
・・・と言うことだそうです。
そういえばつい先日は「土星」の話題がありましたね。なんでも土星の輪がよく見えるのだそうだ。
空を見上げて果てしない宇宙を想うと、世の中の出来事のいかに小さいことなのかがわかる。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)