清助のちょっと一言−活動日誌

【17.11.28】2017 ブラック企業大賞ノミネートに あの会社も・・・

毎年恒例のブラック企業大賞 昨年は「電通」が大賞を受賞した。
今年の大賞に輝くのはどこか?

11月27日、2017年度のノミネート企業が発表された。

名前があがったのは
「日本放送協会(NHK)」
「ヤマト運輸」
「パナソニック」など9社。
大賞は、ネットでの一般投票(11月27日17時〜12月22日17時)を経て、12月23日の授賞式で発表される。
ノミネートに名前が挙がった会社は、クリスマス前の発表まで、気が気ではないでしょうね。
もっとも、今まで授賞式に出席した企業はないらしい。
さあ、あなたは ネット投票でどの会社に投票しますか?

実行委では、「労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を意図的・恣意的に従業員に強いている企業」と、「パワハラなどの暴力的強制を常套手段として従業員に強いる体質を持つ企業や法人」を、「ブラック企業」と定義している。

ノミネートされたのは、裁判や行政処分などで問題があると明らかになった企業だという。

今年の問題の特徴は?

実行委員で都留文科大・非常勤講師の河添誠さんは、記者会見で「名指しで批判されないまま、企業が人を殺し続けているのが、この日本の現状だということです」と、ブラック企業大賞として企業名を挙げる意義について語った。
また、実行委員の佐々木亮弁護士は「政府が『働き方改革』を打ち出したこともあり、過労死・過労自殺の記者会見や報道が多かった」と話した。

大賞を受賞すると、副賞として「労働六法」が贈呈されるという。

・ゼリア新薬工業株式会社
・株式会社いなげや
・パナソニック株式会社
・新潟市民病院
・日本放送協会(NHK)
・株式会社引越社・株式会社引越社関東・株式会社引越社関西(アリさんマークの引越社)
・大成建設株式会社・三信建設工業株式会社
・大和ハウス工業株式会社
・ヤマト運輸株式会社

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)