清助のちょっと一言−活動日誌

【17.12.02】帰ってきた酔っ払い、フォーククルセダーズ

ハフィントンポストに「はしだ のりひこ 72歳 逝去」

そうか、あの「おらは死んじまっただ・・・」で何とも言えない歌詞、リズムの歌が流行したのは
ずいぶん昔の話だが・・・

「悲しくてやりきれない」などのヒット曲で知られる「ザ・フォーク・クルセダーズ」のメンバーだった、はしだのりひこさんが12月2日、72歳で死去した。朝日新聞デジタルなどが伝えた。
はしださんは10年ほど前から体調を崩し、音楽活動を行なっていなかった。

「ザ・フォーク・クルセダーズ」は、加藤和彦さんやきたやまおさむさんらが結成。はしださんは1967年に参加した。

プロデビュー曲の『帰って来たヨッパライ」がオリコンで史上初のミリオンヒットを記録し、ブームになった。

1968年に「帰って来たヨッパライ」「悲しくてやりきれない」などの曲を含むアルバム『紀元弐阡年』を発売後、デビューわずか1年で解散した。

解散後は、いくつかのグループを経てソロに転向し活動を続けた。1971年のNHK紅白歌合戦にも出場している。
京都の3人組だった。
はしだ のりひこ  写真左  

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)