清助のちょっと一言−活動日誌

【18.01.11】共産党も歓迎 「原発ゼロ法案」小泉純一郎、細川、元首相らからの要請

「原発ゼロ法案」について今日の新聞各紙が報道しています。
元首相が顧問を務め、記者会見に臨んだ。各政党にも要請が行われ、共産党も法案内容を歓迎すると
対応した。
脱原発に右も左もないだろう。
世論の力で政治を動かす。

共産党「赤旗」1月11日付け

 日本共産党の小池晃書記局長と穀田恵二国対委員長は10日、国会内で、小泉純一郎、細川護熙両元首相らが顧問を務める原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連、会長・吉原毅城南信用金庫顧問)がまとめた「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」の国会提出に向けた要請を受けました。

 原自連の近江屋信広氏(元衆院議員)は法案を手渡し、「超党派で法案を国会に出して成立させ、原発ゼロ・自然エネルギー立国が実現できればと切望している」と協力を求めました。吉岡達也氏(ピースボート共同代表)が同席しました。

 小池氏は「東京電力福島第1原発事故の反省を踏まえ、即時廃止という明確な方向を打ち出されていると思う。運転されている原発は停止するし、今停止している原発は今後一切稼働させない。非常に明確、積極的な中身だ。再生可能エネルギーへの転換、廃炉に向けたさまざまな手だても法案化されている」と法案の内容を歓迎しました。

 穀田氏は「特に共同の場をつくってオープンに議論をしたらいいと思う。各党が一堂に会すことも含めて、どこが意見が違うのか、お互いの哲学も披歴したらどうか」と提案。また、「どの世論調査を見ても再稼働反対が過半数だ」として、超党派で一致する条件があると述べました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)