清助のちょっと一言−活動日誌

【18.07.25】議会の「行政視察」

議会が休会中となるこの時期、全国的に地方議会は「行政視察」ということで全国の市町を視察する時期です。
かくいう四日市市議会でも4つの常任委員会がそれぞれ行政視察。
私の所属する「都市環境」常任委員会では、7月23日〜25日の2泊3日で視察に行ってきました。
視察先と視察テーマは
\臑羯圈璽好檗璽張灰潺奪轡腑
∪虱媚圈AI活用道路整備活用
公共下水道未接続への対応、制度
3倉市ー市営住宅の集約化

仙台市と千葉市は政令市で人口も財政規模も桁外れですが、地方自治に変わりはないし、国の政策にどう対応するかは同じ、言えるのは政令市だから県の補助などあてにはしていない、自らの意思で、財源で政策決定していると言うこと。
鎌倉市は人口17万人だが財政力指数は1.0を超える。
それでも長期的スパンで時代の変化位に対応する公共施設の在り方を変えていく計画に着手しているし、庁舎移転計画も進められている。
住民の幸せがかかる、生き残りをかけた都市間競争は全国で始まっている。


▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)