清助のちょっと一言−活動日誌

【18.07.28】台風12号接近中  火星も接近中

  7月28日(土)、夏休みが続いていますが、台風12号が大接近中ですね。
この台風の進路コースがかつてない逆方向からの接近上陸との予報に戸惑います。

このさなかに火星が地球に最も接近するニュースもありますね。
15年ぶりの大接近です。夏の夜空を見上げてごらん。
日常の出来事がいかにちっぽけなことか・・・
国立天文台のHPには次のようにアップされています。

火星観望の好機到来!

7月31日に火星が地球に最接近します。最接近時の火星と地球の間の距離は5,759万キロメートルです。今回の接近は、「大接近」とも呼ばれる近い距離での最接近となります。6000万キロメートルよりも近い距離まで近づくのは2003年の最接近以来15年ぶりです。

火星は地球のひとつ外側にある惑星で、約780日(約2年2カ月)の周期で地球への接近(会合)を繰り返しています。地球の軌道はかなり円に近い形をしていますが、火星の軌道は少しつぶれた楕円形をしています。また、会合周期がちょうど2年ではなく2年2カ月であるため、火星と地球が接近する位置は毎回ずれ、距離も大きく変わります(最も近い位置での接近と最も遠い位置での接近では、距離が2倍ほど違います)。

火星の直径は地球の半分程度と小さく、遠い時は表面のようすがよく観察できませんが、地球との最接近を迎えるころは火星が大きく見えるため、観察の好機となります。

火星の接近というと最接近の日ばかりが話題になりますが、最接近前後の数週間は、地球と火星の距離はそれほど変わりません。この機会に、ぜひ火星を望遠鏡で観察してみてください。望遠鏡をお持ちでない方は、天文施設にお出かけになって、大きな望遠鏡で火星をご覧になってみてはいかがでしょう。

・・・とあります。
地球上で起きていることにばかり目をやっているのではなく、夜空を見上げて果てしない宇宙に思いをはせると気分も安らぎます。
火星に生命体は存在するのでしょうか。
地球上の政治なんか比べ物にならないほど、ワクワクしますね。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)