清助のちょっと一言−活動日誌

【18.08.05】8月最初の土日連休は

8月に入って最初の2連休。
猛暑が続いた。この分でいくと7月を超える「命の危険」気象情報が毎日流れるのではないかと思うほどです。
今朝は、6時前から家の草刈りでした。

そんな連休の初日、4日は「大四日市まつり」、焼けたアスファルトの上で「踊りフェスタ」開催。
打ち水はしたと言うが・・・現場にいたわけではないので。
私は、霞ケ浦テニスコート・四日市ドームで開催された高校総体インターハイ・テニス団体戦の表彰式に出かけました。
地元の女子・四日市商業、男子・四日市工業は残念でしたが、女子の決勝戦チームににエール。
表彰式では、四日市からのプレゼントとして「こにゅうどうくん」マスコットを贈りました。

午後5時からは、泊山にある「戦没者忠霊塔」で開かれた四日市遺族会の「みたま祭」に参列しました。慰霊の神事が執り行われ、参列者が玉串を捧げました。

8月5日(日)は、港まつりが開催され、恒例のカッターレース。
予選は、4艇づつ、出走し競い合う。
市議会の「よっかいち見守り隊」号は、4艇中2位で好タイムだった。
私も以前はオールを漕いだものだが、60を過ぎてからは引退して、岸壁から声援を送っています。
クルーのみなさん、おつかれさん!

 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)