清助のちょっと一言−活動日誌

【18.09.09】アンパンマンのマーチと敬老祝賀会

全米オープンテニスで、大坂なおみ選手がセリーナ・ウイリアムズに勝って優勝と言う快挙のニュース。20歳、もちろん日本初であることは言うまでもない。
これまでも試合後の彼女にインタビューが楽しい。

9月9日(日)、今日は午前中に町内の2会場で「敬老祝賀会」が開催され、ご挨拶。

健康で長生きできたらええなあ、と言うのが誰もが共通する願い、想いではないでしょうか。
もちろん人の寿命には長いもあれば短いもあるのが現実です。
テレビ漫画「ちびまるこ」見てますか?
作者のさくらももこ さんが8月、53歳で亡くなられました。
もうひとつ、子どもに今も大人気の「アンパンマン」と言うのがあります。
作者は、やなせ・たかしさん 6年ほど前に94歳で亡くなっています。
そのアンパンマンのテーマソング「アンパンマンのマーチ」の歌詞のはじめに
こんな歌詞があります。
・・・なんのために生まれてきたの、何をして生きるの・・・
ものすごく哲学的な歌詞を子どもたちが歌っていますよね。
このアンパンマンのマーチの歌詞には、やなせたかしさんの弟への想いがあるのではないかと言われています。
それは、あの戦争で、特攻隊員として飛び立って再び戻ってくることはなかった弟への想いであると。
みなさん、孫に、おじいさん、おばあさん、今日は何するの?と言われたら?
何にもすることがない、とならないようにね。
今日は、グランドゴルフに行ってくるわ、カラオケに行ってくるわ、畑仕事に行ってくるわ・・・
何か一つだけ、毎日、することがあればいい、よくばらなくていい。
今日生きていることに感謝して。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)