清助のちょっと一言−活動日誌

【18.09.12】「はやぶさ2」は今、「りゅうぐう」に着陸まじか

  日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が6月27日、目的の小惑星「リュウグウ」に到着した。打ち上げられた2014年12月3日から約3年半、総飛行距離32億キロにおよぶ長旅だ。
「何億光年・・・」って山口百恵が歌っていたけれど、「はやぶさ2」は3年半、宇宙を旅して目的地「竜宮に到着した。
また着陸はしていないが。
来年末まで滞在し、リュウグウの砂を地球に持ち帰ることをめざす。毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された記事を紹介する。

 リュウグウは、ほぼ球形をしていると考えられていたが、近づいてみると、そろばんの玉のような形をしていることがわかった。表面はたくさんの岩の塊におおわれてゴツゴツしており、クレーター(隕石孔)もある。直径約900メートルは予想通りだった。

「到着」といってもはやぶさ2は小惑星に着陸したのではなく、リュウグウの赤道付近の20キロ上空にホバリングするような形でとどまる。7月下旬から8月下旬にかけて高度5〜1キロまで降下して観測を行い、着陸地点を決める。9、10月には着陸して、表層をおおう砂のサンプル(標本)を採取するほか、科学観測機器を積んだ小型着陸機「MASCOT」や3台の小型探査ロボット「MINERVA─II」を降ろして、地表の様子を詳しく調べる予定だ。

 来年春には、小惑星の表面に金属の塊を撃ちこんで人工のクレーターをつくり、内部の砂を採取するミッションも予定されている。その後、2019年末までにリュウグウを離陸し、20年の12月ごろ、地球に帰還する計画だ。

初代「はやぶさ」のことを知っているかな? 03年5月に打ち上げられ、05年11月に小惑星「イトカワ」への着陸に成功。10年6月に往復60億キロの旅を終えて帰還し、月以外の天体からのサンプルを世界で初めて持ち帰った探査機だ。初代はやぶさが着陸したイトカワは「S型」という、岩石質の小惑星だった。一方、後継機のはやぶさ2が到着したリュウグウは「C型」という、水や有機物(炭素を含む物質。生物の体をつくる材料になる)を含むと考えられている小惑星だ。


人間が宇宙船で旅する時代は、そう遠くはないような気がする。
でも、ついて行けそうにない古い人間です。
地球上のちっぽけなことにくよくよしないで夜空に輝く星を見て「はやぶさ2」にエールを贈りませんか。


 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)