清助のちょっと一言−活動日誌

【19.01.06】「選挙」 「受験」シーズン到来

4月の一斉地方選挙を控え、予定候補者のみなさんは選挙運動に余念がないころですが、受験生のみなさんは、予定候補者よりも早く「本番」を迎えています。
毎年、この1月中旬になると「大学入試センター試験」日程です。
そして決まって、試験当日、「雪」の地域が少なくありません。
なんで、この時期に「試験」なのかと言う思いをしていますが。
大学入試の仕組みも変化してきました。そういえば「共通一次」とかいう時代もありましたし、古くは1期、2期と言うのもありました。
私も50年前に、現役、翌年浪人で受験した経験がありますが、いずれも失敗、大学の門は狭かった。

 大学入試センターは2018年12月7日、2019年度(平成31年度)大学入試センター試験の確定志願者数と利用大学・短期大学数を発表した。
志願者数は57万6,829人で、前年度より5,842人減少した。
現役志願率は、前年度より0.6ポイント減の44.0%。
利用大学数は過去最多の852校。

大学入試センター試験利用大学・短期大学の総数は、前年度比4校増の852校で、過去最多となった。このうち、大学は703校(国立82大学、公立90大学、私立531大学)、短期大学は149校(公立13短期大学、私立136短期大学)。

2019年度の大学入試センター試験の実施期日は、本試験が2019年1月19日・20日。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)