清助のちょっと一言−活動日誌

【19.01.09】トランプ大統領 宛て請願署名・ホワイトハウス前集会&沖縄県民投票 糸満市議会 再議は議長裁決で可決実施へ

  2019年1月9日(水)「赤旗」記事

辺野古守れの声 米大統領よ聞け  ホワイトハウス前集会

基地工事停止署名20万超す

 【ワシントン=池田晋】「トランプ大統領、私たちに返答を! 請願署名は19万人を超えた」―。沖縄県系4世でハワイ出身・在住アーティストのロブ・カジワラさん(32)は7日、米ワシントンのホワイトハウス前で開いた集会で、同県名護市辺野古での米軍新基地建設の是非を問う県民投票(2月24日)まで埋め立ての停止を求める請願署名を受け止めるよう、トランプ大統領に訴えました。
写真はワシントンのホワイトハウス前で、辺野古埋め立て停止を訴えるロブ・カジワラさん(中央)(池田晋撮影)
署名はホワイトハウスのウェブサイト上の請願制度を利用してカジワラさんが呼び掛けたものです。
 集会は、署名数を報告する横断幕や「沖縄の民主主義の尊重を!」と書いたカードを掲げ、「沖縄の基地を閉鎖せよ」とホワイトハウスに向かって唱和。米反戦団体の活動家らが連帯あいさつしました。
 カジワラさんは19万人以上の署名が集まったことに「本当に感激した」と述べ、新基地建設は「文化のふるさとの破壊だ」と批判。「沖縄に連帯しよう」とホワイトハウスから返答を得るまで署名を広げることを呼び掛けました。

 名護市出身の沖縄県民間大使、てい子・トゥーシーさん(77)=東部ニュージャージー州在住=は、かつて辺野古の浜で魚を取った思い出を語り、「基地建設が県民の民意に完全に反して進んでいる」と訴えました。 ホノルルやニューヨークでも連帯の行動が取り組まれました。
 請願署名数は日本時間8日午後7時半現在、20万1207人です。


1月9日付け「赤旗記事」
2019年1月9日(水)県民投票 糸満市が実施へ
市議会予算再議 議長裁決 可決
 昨年末に、沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設に向けた埋め立ての賛否を問う県民投票予算を否決した糸満市議会は8日、同予算を再議に付し、可否同数となり議長裁決で可決しました。

 議会後、上原昭市長は「議会の判断を尊重し、予算の執行を行いたい。県民投票は実施する」と明言しました。大田守議長も「一議員としての考えは別にあるが」と前置きした上で「県民投票が県議会で決まった条例である以上、実施すべきだと判断した」と語りました。

 質疑では、傍聴席いっぱいの市民を前に日本共産党の浦崎暁市議が同予算の賛成討論に立ち「市民は見ている。市民の(投票)権利を守り、民主主義を発展させる立場に立とう。県民投票を実現させよう」と訴えました。

 大田議長が同予算の可決を告げると、「よし!」と傍聴者から歓声が上がりました。女性(65)は「カチャーシーを踊りたい気分。考えを改めてくれた議員さんは大したもんです。私は、子や孫のために“辺野古ノー”に一票を示します。逆に賛成の人もその意思を示せばいい」と語りました。

「県民投票」をやりましょう 

 再議で県民投票予算反対から賛成に変わった玉村清市議の話 電話やはがきがたくさんくる。それだけじゃなく直接会いに来て、「市民の権利を奪わないで」と訴えられて、ものすごい反響に驚きました。

 実は後援会も、会長はじめ半分の人が県民投票に賛成で、「あなたがキーポイントだ」と言われていました。ぼくは、性格的に一度決めたことは曲がらん(曲げない)方なんだけど、熱意に押されました。

 ぼくは、知事選で佐喜真淳さん(前宜野湾市長)を応援し、今でも普天間(米軍普天間基地)を辺野古に移した方がいいという考えは変わらない。県民投票が(辺野古埋め立ての賛否を問う)2択というのもおかしいと思っている。でももう、きょう決断しました。さあ、県民投票をやりましょう。ぼくも投票に行くよ。賛成に○か白票に入れるかもね。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)