清助のちょっと一言−活動日誌

【19.04.13】選挙は粛々と

三重県議会議員選挙につづく市議会議員選挙が明日、公示?告示?となります。
4年に一度の有権者の審判を受ける機会です。
選挙は「お祭り」でもないので「粛々」と行われるものだと思います。
選挙前と選挙後だけの新聞記事では?という感もぬぐえません。
もっとも地方自治は2元代表制で、与党も野党もないが、行政の監視機能とともに今では「提案型」がなければ地方議会の権能が問われると思います。

批判するだけでは何も生まれませんから。それぞれの自治体の歴史・経緯・現状到達点に見合う政策提案を財源とプロセス、タイムテーブルを示すことは必須です。
みんな違って、みんないい。

昔は、マニフェストというのも話題になりましたが、最近はマニフェストと言う言葉も聞かれなくなりました。
限られた地方自治体の税収で、住民のくらし、地域経済をみすえて優先順位を示す。

まあ、選挙は候補者の名前の連呼ではなく「粛々」と行きましょう。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)